早漏に効果があるのは麻酔効果か我慢する方法か?

早いという言葉を男性に使うと、多くの人が射精を想像するほどお馴染みの言葉になります。早漏は男性を傷つける言葉にもなり嘲笑される言葉として使われることもあります。また男女間の問題としても根深い問題になることもあり、決して無視できない早漏問題です。性行為がうまくいかなくなると、パートナーの浮気率が高まることもわかっています。それは何も男性ではなく、女性も同じです。早漏で浮気ということも考えなければならない問題です。

早漏を改善する対策としていろいろあります。射精までの時間を延ばしてくれる医薬品だったり、ペニスで一番感度が高いとされる亀頭や、その次に刺激が強いと言われる通称裏筋と呼ばれる包皮小帯部などを麻酔させる医薬品、またトレーニングを行うことで我慢する方法などあります。ここで大切なのは、効果は個人差がありますので、自分に適した方法で行うことです。この方法が正しいというわけではなく、自分に合っている方法が正しいのが早漏対策です。

麻酔する方法といっても完全にマヒするわけではなく、ペニスの敏感な部分を一時的に鈍化させることで、刺激を弱めて射精までの時間を稼ぐといったものです。女性にバレないように使うのは少々無理があり、協力しながら使うといった方法が好まれます。またよく洗い流さないと女性にも影響を与えますので、麻酔関係の製品は注意してください。

また我慢する方法は、トレーニングを行うことで改善する可能性があります。射精をしそうになる瞬間を体に染み込ませることで、射精から抗う体を作るといったものです。この方法は早漏自体を解決できる策になり、またパートナーと一緒に取り組むことができます。根本を解決するのは我慢する方法にもなります。