日本人に処方される早漏治療薬

日本人はナイーブな性格と言われ、性行為についてはもちろん性癖や悩みなど打ち明けにくいという性格を持っています。日本人だからこということはありませんが、世界中の男性であれば早漏に対して悩みを抱えている人も多いでしょう。よくある早漏対策方法として、水やお湯を掛けて刺激から強いペニスを作るというのは、世界でもおなじみの早漏改善方法です。しかしこの方法に本当に効果があるのかと言えば疑問になり、またそれを証明するのは難しいといったところです。

確実に早漏を治療するのであれば、医薬品に頼るのも良いでしょう。この方法は治療と言えない方法になるでしょうが、確実に射精を遅らせたいという男性の強い味方になってくれるでしょう。この治療薬は、性行為の1時間ほど前に服用するだけで良い医薬品です。持続性は医薬品によって様々であり、個人差も生じますが、5時間ほど持続しますので、性行為をパートナーと一緒に楽しむのであれば充分な持続時間と言えるでしょう。

日本人がこの治療薬を手に入れる方法は、病院と個人輸入代行業者があります。まぎれもなく医薬品になりますので、まずは病院に相談してください。早漏治療薬を取り扱っている病院が少ないのがネックですが、医薬品の身体への安全性を考えるのであればこの方法が推奨されます。持病などを考慮して処方されるでしょう。また診察も問診だけと言うところが多く、処方だけで終わるケースが多いです。

処方と言う方ではありませんが、すぐにでも早漏治療薬が欲しいのであれば個人輸入代行業者がおすすめです。1週間ほどで手に入ります。病院に行かずに入手できる方法ですが、もし何かあった場合はすべて自己責任になります。