いじめでうつ病の薬を飲んで早漏に

早漏になってしまった男性の中には、いじめを受けた経験がある人もいらっしゃいます。
いじめと早漏というのは、なかなか直結しないように感じますが、実は関連性があるのです。
例えば、いじめを受けて精神的にダメージを受けたとします。
そうした状態が長く続くと、人はうつ病を発症してしまうこともあるのです。
そうなると、うつ病を治すために、うつ病の薬を飲むことになります。
このうつ病の薬が早漏の原因になることもあるのです。
もちろん、全てのうつ病の薬が早漏を引き起こしてしまうわけではありません。
中には、早漏とは全く関連性のない薬剤も沢山あります。
また、同じ薬剤を使用したとしても、ある人は早漏の症状が出て、ある人は全く副作用が出ないということも十分jにあり得るのです。
ですから、早漏とうつ病の薬の関連性というのは、それほど強いものではありません。
ただし、これらが原因となって早く射精をしてしまうという体質になる方は、ある程度存在しているといえます。
ですので、早く射精してしまう体質の人は、その原因を探る上で、過去にいじめにあったことがないかを思い返してみても良いでしょう。
場合によっては、そうした経験が心に傷を作り、精神的なダメージとして今も残っているケースがあります。
あるいは、今現在もそうした薬を飲んでいる場合は、医師にも相談して、早く射精してしまうこととの関連性を調べてもらっても良いでしょう。
このように、早く射精してしまうというのは、精神的な原因も大いに考えられ、同時に、薬剤の影響も考えることができますので、色々な面から原因を追及していく必要があります。
その上で、やれる範囲の対策を講じていくことが重要といえるのです。